バーチャルFXを利用すると何が学べる?

FXであなたも成功をつかもう

失敗なんてこわくない!

ひとつひとつ、学びながら獲得していく

とかく金融関連の取り引きには、普通に生活していくうえではあまり使わない専門用語がたくさん出てきます。
そして、これらは取り引きをするうえで避けられない言葉です。

レバレッジやマージンカット、スワップ…耳馴染みのない言葉もあるかもしれません。

レバレッジとは、手元のお金の倍額の取り引きができることです。倍額で取り引きすると、リスクもリターンも大きくなります。
スワップとは、取り引きをしている2つの国の金利差をポイントとして受け取れる制度です。

…と、言葉の意味をここで説明しても初心者にはさっぱりわからないでしょう。
もちろん、バーチャルFXでも、これらの語は使われています。最初は全部、正確に把握する必要なんてないのです。
失敗しても問題ありません。1つずつゆっくりと確認して覚えていけるのが、バーチャルのいいところです。

市場を確実に分析する手腕を身につける

値動きの推移をグラフにして、過去の類似のデータから今後の値動きを予想する、それが「テクニカル分析」と呼ばれるものです。

その時に使われるグラフを、テクニカルチャートと言います。
分析仕方とテクニカルチャートは多岐にわたりますが、バーチャルFXにはこのテクニカルチャートがいくつか搭載されているケースがあります。
ここでその見方と分析の仕方なども覚えればいいでしょう。

売買するタイミングも、勘で行うのではなく、こうした分析を元に行うという感覚をバーチャルで養うのです。

もちろん、レートは世の中の情勢によって上下してきます。ニュース番組に目を光らせつつ、為替レートの上下を観察していれば、そうしたタイミングも見えてくるようになるものです。
特に各国の政治、経済のニュースに値動きは敏感ですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る